発毛治療のさまざまな方法

img-1

薄毛や抜け毛になる原因としては、男性ホルモンの分泌過剰、仕事や家庭でのストレス、持病の治療のための薬物による影響など、さまざまなものが考えられます。



そのため、発毛治療の方法についても、こうした原因、あるいは現在の症状にしたがって、多様なもののなかからもっとも適切なものを選択することが必要になってきます。
発毛治療の方法として一般的なのは、まずは外用薬の塗布という方法です。



外用薬の有効成分にもいくつかのタイプがあり、頭皮の血行を良くして発毛をうながすもの、男性ホルモンに関連した酵素のはたらきを阻害するものなどがみられます。



外用薬による場合には、半年程度は気長に塗布しつづけるというのが、効果を引き出すためのカギとなります。

また、同じく医薬品を使用する発毛治療であっても、発毛注射とよばれるものもあります。



これは発毛専門のクリニックなどで取り扱っているものですが、発毛成分とされるミノキシジルや、その他医薬品以外の成分を配合したカクテルを、頭皮に直接注射するというものです。



頭皮に染みこませる外用薬よりも効き目があることから、外用薬では十分な効果が得られないという場合には検討に値します。



他の発毛治療の方法としては、植毛とよばれるものもあります。



これは、薄毛になっている部分に、人工毛または自毛を植えこむ手術によって見た目をカバーするという方法です。



自毛の場合には、えりあしや後頭部などの薄毛ではない部分から移植することになりますが、うまく定着すればふたたび髪が生えてくるようになります。

関連リンク

img-2
薄毛を解消したい方は発毛治療を受けましょう

40代頃から抜け毛が目立つようになる男性は多いですが、人によっては20代からすでにおでこが広くなっていたり、頭頂部の毛が極端に少ないなど、薄毛が目立つ状態になる方もいます。薄毛の原因は遺伝以外にも、ストレスや、喫煙や暴飲暴食といった普段の生活習慣が影響しているので、昔のように髪の毛の量を増やしたいなら、これらのことに注意する必要があります。...

more
img-2
発毛治療のさまざまな方法

薄毛や抜け毛になる原因としては、男性ホルモンの分泌過剰、仕事や家庭でのストレス、持病の治療のための薬物による影響など、さまざまなものが考えられます。そのため、発毛治療の方法についても、こうした原因、あるいは現在の症状にしたがって、多様なもののなかからもっとも適切なものを選択することが必要になってきます。...

more
top